マカド(MAKAD)とは、便利なAmazonせどり販売管理ツール

マカド(MAKAD)は、Amazon販売向けのせどり(転売)管理ツールです。

 

パソコンソフトではなくWEBツールなので、いつでもどこでも使え、パソコンを常時起動する必要はありません。

 

料金は月額4980円で、30日間無料で使えます。

 

ちなみに万一気に入らなかった場合、管理画面の「環境設定」メニューから「退会ボタン」から、すぐに解約手続きできます。

 

 

これから、マカドの主な機能を、できるだけシンプルに分かりやすく説明していきます。

マカドの機能その1:出品手続き

Amazonセラーセントラルとデータ連携しており、マカドから出品手続きができます。もちろん、自己発送、FBA納品どちらも対応できます。

 

AmazonのHPでも、マカドが紹介されています。

 

@商品登録
バーコードリーダーを使うと、すぐに登録できます。コンビニやスーパーのレジに置いてある、「ピッ!」って音が鳴るやつです笑。アマゾンで3000円くらいでした。
SKUは、連番で自動生成されます。

 

A説明文
商品コンディションを選択すると、前回と同じ文章が自動入力されるので楽です。

 

BFBA納品の場合
商品ラベル、発送ラベルを印刷することができます。

マカドの機能その2:価格改定

 

販売価格を、ライバルの価格に自動的に合わせてくれる機能です。
中古商品であっても、設定した商品コンディションに応じた最安値に合わせてくれます。

 

ちなみに、「一気に販売価格が下がったら怖くない?」と思うかもしれませんね。実際、他の出品者が桁を間違えて出品することがあります。また、わざと暴落させて、こちらの商品を買い取ってくる輩もいます。ツール自動値下げ機能を逆手にとった、恐ろしい巧妙な罠ですね。

 

でも、大丈夫です。マカドには、値下げストッパー達がいて、防御してくれます。

 

下限価格の設定

これは、商品ごとに設定します。下限価格を設定しておけば、この価格を下回ることはありません。基本的には、損益分岐点の価格(=赤字にならない価格)を設定しておきましょう。

 

1回あたりの値下げ率(%)の制限

これは、全商品一括の設定です。例えば、ライバル価格が一気に半額になった場合などは無視して、元々の価格をキープします。おすすめは、10%くらいに設定しておけばよいでしょう。

 

この2つを確実に設定しておけば、安心です。なお、これらのストッパーに引っかかった場合は、LINEで通知してくれます。

マカドの機能その3:売上管理

 

マカドに仕入れ価格を登録しておくことで、Amazon手数料なども加味して、自動で利益計算してくれます。

 

ちなみに、Amazonセラーセントラルでは、現状なんと仕入れ価格を登録することはできません。ですから、

  • 商品登録の際に、SKU(商品管理番号)に仕入値を入れる。例)20191130-5400(仕入日&仕入値)
  • 別途、エクセルシートで管理する。

などの方法をとる必要があります。

 

しかし、マカドがあれば、そのような面倒な作業が不要になります。

マカドの機能その4:サンクスメール自動送信

サンクスメールというのは、
例えば、
「この度は、Amazonの中から当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。商品は無事に届きましたでしょうか?
特に問題がございませんでしたら、4ないし5の評価をいただけますと大変励みになります。
なお、万一商品に問題がございましたら、迅速に返品または交換などの対応をさせていただきますので、評価ではなく、Amazonカスタマーサービスにご連絡をお願いします。」
みたいなメールのことです。

 

このメールの目的は、Amazonで高評価をもらうためです。アカウントの評価が高くなると、カートを取得しやすくなり、売れやすくなります。

 

サンクスメール自動送信機能に特化した専用のツール(↓)も販売されているくらいです。
参考:アマスタ(月額1980円)
アマゾン用メールスタンド=「アマスタ」?

 

 

 

以上がマカドの主要機能です。解説動画もあります。見てみると、機能や操作性がよく分かるはずです。

 

他にも、様々な便利機能がありますので、公式サイトから確認して下さい。

 

マカドの機能その他

他のツールにはない、マカド独自の機能(特長)もいくつかあります。

 

ヤマドとの連携

ヤマドというのは、マカドの姉妹ツール(無料)です。電脳せどりで、ヤフオクから仕入れる際に、出品手続や在庫・売上管理が、かなり便利になります。
また、WINDOWS限定ですが、ヤフオク自動入札ソフト(Yamad Auto Bidder)も使えます。

 

外注向け子アカウントを作れる

せどりに慣れてきて、梱包など外注をお願いするようになった時に、安全な機能です。子アカウントでは、事前に指定したアクセス権限の中のみでの操作が可能です。

 

 

使いやすい操作性、デザイン

なんといっても、これです。一度使ってもらえれば分かると思うので、とりあえず無料お試しをしてみましょう。販売者が「このツールを超えるツールはこの世に存在しません。」とドヤ顔で言い切るだけのことはあります。

 

その他

 

マカドの評判、評価

マカドの口コミについても掲載しておきます。

 

 

 

 

マカドで時間と労力を節約しよう

自宅の不用品処分など練習期間を終えて、せどり(転売)を本格的に取り組もうとする人にとって、販売管理ツールは必須です。

 

なお、販売管理ツールを使うには、Amazonの出品者契約が「大口出品」であることが必要です。
毎月最低限必要な固定費をまとめると、

Amazon大口出品:約5000円
販売管理ツール:約5000円

の合計約1万円だけです。他にも様々なツールが販売されていますが、どれも特に必要ありません。

 

数多ある販売管理ツールの中でも、マカドは多くのせどらーから支持されてきている大人気ツールです。

 

 

無期限サポート付きで、もし分からないことがあれば、メールで問い合わせすることができます。
まずは無料で1か月試してみましょう。