オークファンは、ヤフオクせどりに使えるサイト

オークファンは、オークションサイトでの落札相場を調べることができるサイトです。ヤフオク、ラクマ、モバオク、ebayで、過去10年間いくらで落札されたかチェックできます。株式会社オークファンという上場企業(東証マザーズ)が運営しています。スマホアプリでも使えます(iPhone、アンドロイド)。

 

なお、オークファンには2種類あります。

 

プレミアム会員

 

オークファンプレミアム (月額980円)には、落札相場検索以外にも様々な機能があるので、後ほど解説します。

 

オークファンプロPlus会員

 

オークファンプロPlus(月額10800円)は、転売向け総合データ分析ツールです。詳しくは、こちらのオークファンプロPlus解説ページをご覧ください。

 

なお、「オークファンプロPlus」は、「オークファンプロ」と「ストロイド」の2つのツールを統合したものです。ストロイド単体でも申し込むことはできます↓(月額9075円)。

オークファンの使い方

使い方は、動画をご覧いただいた方が早いと思うので、分かりやすい動画を貼り付けておきます。

 

オークファンの評価、評判

オークファンの評判や口コミを集めてみました。

 

 

 

 

オークファンプレミアムの機能:ヤフオク仕入の場合

「ヤフオク仕入⇒他ECサイトで販売」の際に役立つ、オークファンプレミアムの便利機能を紹介します。
オークションサイトは、フリマアプリと違って、値段が安いところからだんだん上がっていく方式なので、予想外に安く仕入れることができることがあります。

 

ヤフオク入札予約ツール

オークションの価格は、終了時間の10分前から急激に上がる傾向があります。でも、わざわざ毎回オークション終了時間に、パソコン画面の前に張り付くなんてできませんよね。
入札予約ソフトを使えば、オークション終了直前になったら、自動的に入札してくれます。ギリギリまで入札が入らないので、ライバルに気づかれにくいですね。

 

 

アラート設定

探している商品を登録しておけば、出品された時に通知が来ます。

 

 

 

(参考)
上記2つの機能を有するものとして、オークファン以外に「Bid Machine(=入札マシーン)」という無料ソフトがあります。WEBツールであるオークファンと違って、こちらはパソコンを常時起動している必要があります。

オークファンプレミアムの機能:ヤフオク販売の場合

「他ECサイトから仕入れ⇒ヤフオク販売」の際に役立つ、オークファンプレミアムの便利機能を紹介します。
ヤフオク出品は、Amazon出品と比較して、取引や発送を自分で行うので作業時間が多く必要になります。しかし、ヤフオクの方が売れやすい商品も多いので、無視できません。

 

出品テンプレート

きれいな出品ページを作っておくと、それだけお客さんの印象も良く、入札されやすくなります。オークファンで提供されている出品テンプレートを使えば、簡単にきれいな出品ページを作れます。

 

一括再出品ツール

出品して売れなかった商品は、再度1品ずつ手動で再出品しなければなりません。しかし、そんな再出品作業を一括で自動で行ってくれます。

オークファンプレミアムを試してみよう

せどり初心者には、オークファン「プレミアム会員」がおすすめです。

 

現在は、1か月無料キャンペーンを行っているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

初月無料のプレミアム会員登録はこちら