他の販売管理ツール

マカド以外に、同類の販売管理ツールがいくつかありますので、参考までに紹介します。

 

いずれのツールも、30日間無料で使えるので、試しに使ってみるのも良いでしょう。

プライスター

2大せどり販売管理ツールとして、マカドと人気を二分するのは、プライスターです。料金は約5千円と、マカドとほぼ同じです。
プライスターの特長としては、次のようなものがあります。

 

スマホアプリがある

アプリから出品予約できるので、店舗せどりに便利です。

 

せどりすとプレミアムと連携

リサーチアプリとして「せどりすとプレミアム」を使うと、仕入れ価格を簡単にプライスターへ反映させることができます。なので、後で自宅パソコンで仕入れ価格を手入力していく、という作業を省くことができます。ただ、せどりすとプレミアムは月額約5000円かかるので、せどり初心者には不必要です。

 

その他

ECザウルス

ECザウルス【Amazonせどり自動価格改定ツール】:6458円

 

 

うのはま氏というのは、ECザウルスの開発者のことみたいです。笑

 

 

 

 

機能面では、マカドやプライスターとほとんど変わらないようです。
価格が1000円ほど高いのは少し残念です。年払い一括だと、月額4900円となり、同水準になります。

D-plus(ディープラス)

D-plusには、ライト版とスタンダート版の2種類あります。

 

Amazon販売総合管理ツール「D-plus」ライト版:月額3980円
Amazon販売総合管理ツール「D-plus」スタンダード版:月額5980円

 

 

ライト版でも、マカドの紹介で解説した4つの主要機能を全て利用できます。

 

さらに、他のツールには無い機能として、「価格トラッキング」があります。こちらは仕入側の機能で、もはや販売管理ツールの域を超えています。
今まで出品したことのある商品の価格やランキングを常に監視し、指定の条件に合致したタイミングでお知らせしてくれます。これにより、プレミア商品や在庫切れ商品を誰よりも早く知ることができます。

 

なお、ライト版とスタンダート版の主な違いは、「海外Amazon対応」機能です。
これは、米国のAmazon.comへ出品する場合も同じ機能を使える、というものです。